logo

talkの過去形・過去分詞

目次

この記事ではtalkの過去形・過去分詞を説明します。

talkの過去形・過去分詞の説明やそれを含む例文とその解説を用意しています。

この記事を読んで、talkの過去形・過去分詞をマスターしましょう!

talkの過去形・過去分詞は?

原形過去形過去分詞

talk

tɔːk

トーク

talked

tɔːkt

トークト

talked

tɔːkt

トークト

talkは不規則動詞なので、単純に-edをつけるだけで過去形・過去分詞になるわけではありません。
talk talk - talked - talked と変化します。 何度も唱えて覚えましょう!

talkの過去形・過去分詞を使った例文

talk過去形 talked の例文

We talked about our future.

私たちは私たちの未来について話した。

まず、talkは「話す」なので、その過去形talkedは「話した」という意味になります。
なのでWe talkedで「私たちは話した」と訳せますね。
about…はもちろん「〜について」となります。
talk about…「〜について話す」はよく使われるので、セットで覚えておきましょう!

She talked with us yesterday.

彼女は昨日、私たちと話した。

2つ目の例文です!
まず、She talkedまでで「彼女は話した」と訳せますね。
そしてwithが続きますが、
talk with…はそのまま「〜と話す」になります。よく出てきます。
talk関係の熟語では、talk to…もよく見かけます。
「〜に話しかける」という意味なので、一緒に覚えておきましょう!

talk過去分詞 talked の例文

The boy was talked to by a man.

その少年は男性に話しかけられた。

最後の例文です!
今度は単なる過去形でなく、過去分詞のtalkedを用いた例文です。
まず、The boy was talkedまで読んだところで、受動態(be動詞 + 過去分詞)に気づきます。
直訳で「その少年は話された」となります。
その後を読み進めると、toが続いています。
(2)の解説で説明したように、talk to…は「話しかける」という意味です。
なので、The boy was talked toまでで「その少年は話しかけられた」となります。
受動態でのby…は「〜によって」なので、by a manは「ある男性によって」になりますね!

talkの意味は?

talk

話す
talkは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか? talkには「話す」という意味があります。 例えば、
talk with my friend友だちと話す
のように使われます。 talkはよく、talk to...とtalk with...の形で使われます。
talk to...〜に話しかける
talk with...〜と話す

ここで、talkの理解を深めるために、talkの定義を英語で見てみましょう!

talk

verb/tɔːk/


to speak words in order to express thoughts, feelings, or ideas; to have a conversation or