logo

tryの過去形・過去分詞

目次

この記事ではtryの過去形・過去分詞を説明します。

tryの過去形・過去分詞の説明やそれを含む例文とその解説を用意しています。

この記事を読んで、tryの過去形・過去分詞をマスターしましょう!

tryの過去形・過去分詞は?

原形過去形過去分詞

try

traɪ

トライ

tried

traɪd

トライド

tried

traɪd

トライド

tryは不規則動詞なので、単純に-edをつけるだけで過去形・過去分詞になるわけではありません。
try try - tried - tried と変化します。 何度も唱えて覚えましょう!

tryの過去形・過去分詞を使った例文

try過去形 tried の例文

I could not pass the exam, so I tried again.

私はその試験に合格できなかったので、もう一度試みた。

まず、tryは「努力する」とか「試みる」という意味なので、その過去形triedは「努力した」とか「試みた」という意味になります!
I could not pass the examはどうですか?
訳せましたか?
couldは「できた」なので、I could not passで「passできなかった」となります。
pass the examは「その試験に合格する」なので、I could not pass the examは「私はその試験に合格できなかった」になりますね!
そしてI tried againが続いています。
「私はもう一度試みた」という訳し方がいいですね!

She tried to read the character, but she could not.

彼女はその文字を読もうとしたが、できなかった。

2つ目の例文です!
まず、try to 動詞で「〜しようとする」という意味になります。
なのでShe tried to read the character「彼女はその文字を読もうとした」となりますね!
but she could notとあるので、「しかし彼女はできなかった」です。

try過去分詞 tried の例文

He has tried many different hair salons.

彼はたくさんの様々な美容院を試してきた。

最後の例文です!
まずHe has triedまでで現在完了に気づきます。
「彼は試みてきた」となりますね!
そしてmany different hair salonと続いています。
manyは「たくさんの」
differentは「異なった」と「様々な」。ここでは「様々な」がいいでしょう。
hair salonは「美容室」ですね!

tryの意味は?

try

試す
tryは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか? tryには「試みる」とか「試す」という意味があります。 例えば、
try new shoes新しい靴を試す
のように使われます。 また、tryは後ろに不定詞や動名詞を取ることが可能です。 まず不定詞、try to Vは「Vしようとする」という意味になります。
tried to talk to her彼女に話しかけようとした
どして動名詞、try Vingは「Vしてみる」という意味です。 tried talking to her「彼女に話しかけてみた これら、なにが違うのかというと、上は実際にしたかどうかは分からないのに対して、下は実際にしたという違いがあります。

ここで、tryの理解を深めるために、tryの定義を英語で見てみましょう!

try

verb/traɪ/


to attempt or make an effort to do something