logo

weepの過去形・過去分詞

目次

この記事ではweepの過去形・過去分詞を説明します。

weepの過去形・過去分詞の説明やそれを含む例文とその解説を用意しています。

この記事を読んで、weepの過去形・過去分詞をマスターしましょう!

weepの過去形・過去分詞は?

原形過去形過去分詞

weep

wiːp

ウィープ

wept

wɛpt

ウェプト

wept

wɛpt

ウェプト

weepは不規則動詞なので、単純に-edをつけるだけで過去形・過去分詞になるわけではありません。
weep weep - wept - wept と変化します。 何度も唱えて覚えましょう!

weepの過去形・過去分詞を使った例文

weep過去形 wept の例文

The team wept with joy upon securing the contract, which ensured the company's future.

チームは契約を確保して喜びで泣きました。それにより会社の未来が保証されました。

The CEO wept during his farewell speech, reflecting on the growth and challenges faced together.

CEOは別れのスピーチの間に泣きました。一緒に直面した成長と課題を振り返りながらです。

Employees wept as the founder recounted the early days of struggle and success.

創設者が苦闘と成功の初期の日々を語ったとき、従業員は泣きました。

weep過去分詞 wept の例文

The project team has wept tears of joy upon the successful completion of the project.

プロジェクトチームはプロジェクトの成功裏の完了に喜びの涙を流しました。

The successful campaign that was wept over in joy has set a new benchmark in the industry.

喜びで泣かれた成功したキャンペーンは、業界に新たなベンチマークを設定しました。

The wept-for achievements have been recognized in the annual company report.

泣かれた業績は、年次会社報告書で認識されました。

weepの意味は?

weep

泣く
weepは感情の表現に関連する単語です。特に、「泣く」という意味で使われ、強い悲しみや喜びなど、深い感情の発露を示します。また、美しさや感動によっても使われることがあります。例えば、
weep for joy喜びで泣く
weep in sorrow悲しみで泣く
のように用いられます。この動詞は、人の感情の深さを伝えるのに非常に有効です。

ここで、weepの理解を深めるために、weepの定義を英語で見てみましょう!

weep

verb/wiːp/


to shed tears as an expression of strong emotion, such as sorrow or joy.