logo

sayの過去形・過去分詞

目次

この記事ではsayの過去形・過去分詞を説明します。

sayの過去形・過去分詞の説明やそれを含む例文とその解説を用意しています。

この記事を読んで、sayの過去形・過去分詞をマスターしましょう!

sayの過去形・過去分詞は?

原形過去形過去分詞

say

seɪ

セイ

said

sed

セド

said

sed

セド

sayは不規則動詞なので、単純に-edをつけるだけで過去形・過去分詞になるわけではありません。
say say - said - said と変化します。 何度も唱えて覚えましょう!

sayの過去形・過去分詞を使った例文

say過去形 said の例文

During the sales meeting, the team leader said that we were behind our quarterly revenue target.

営業会議で、チームリーダーは四半期の売上目標に達していないと言った。

The appendix in the proposal said that further research was required before implementation.

提案書の付録には、実施前にさらなる調査が必要であると書かれていた。

Our manager said she wanted to achieve greater synergy between the marketing and development teams.

マネージャーは、マーケティングチームと開発チームのシナジー効果を高めたいと言っていた。

say過去分詞 said の例文

My boss said she'd finalized the itinerary for the upcoming business trip.

上司は、出張の旅程が確定したと言いました。

The product is said to increase productivity and lower operating costs.

この製品は、生産性を向上させ、運用コストを削減すると言われています。

An amended proposal was submitted at the last minute.

修正された提案書が直前になって提出された。

sayの意味は?

say

言う
sayは中学校で習う基本的な単語ですよね。覚えてましたか? sayには「言う」という意味があります。 例えば、
say something何かを言う
のように使われます。

ここで、sayの理解を深めるために、sayの定義を英語で見てみましょう!

say

verb/seɪ/


to express in words; state